留学制度・海外体験学習

世界に広がる聖心のネットワークを活用した
姉妹校への留学や多彩な海外体験プログラム。

聖心女子学院が大切にしている教育の特色のひとつに、グローバルな視点で物事を見つめ、世界の人々と関わり合える能力の育成があります。海外での生活を体験し文化交流を深める中で、文化的多様性を知り、世界の一員として生きる力を育てます。

語学研修(10~12年生対象)

オーストラリア語学研修

学校名:FCJ College
都市名:ベナーラ(メルボルン郊外)

現地での生活を通して文化と語学を体験する

活動内容
市内見学 / 姉妹校訪問 / 現地の教員による本校生徒向けESL授業 / 現地校授業体験 / ホームステイ

米国夏期集中英語講座@USD(小林聖心主催)

学校名:University of San Diego
都市名:サンディエゴ

欧米の大学での授業及び社会で通用する英語力を身に着ける(上級者向け)

活動内容
一日市内見学 / 経験豊富なESL教員による英語授業 / 寮生活

UCL - Japan Youth Challenge

学校名:University College London
都市名:ロンドン
学校名:Cambridge University
都市名:ケンブリッジ

レベルの高い英語の講義を聞き、疑問をもつ力をつける

活動内容
大学教授による講義 / 現地の高校生および日本の高校生と共に、ディスカッションやプレゼンテーション / 英国大学進学に関しての説明会 / 寮生活 / 一日市内見学

進んで発言し意見交換する楽しさを学んだサンディエゴ大学の講座
在校生
高等科2年 R.K.

聖心には様々な海外体験学習のプログラムが用意されており興味を持てるものが必ずあると思います。私の場合、それが小林聖心主催の米国夏期集中英語講座@USDでした。今まで海外留学の体験はなかったものの、挑戦してみたいと思い参加を決めました。このプログラムではカリフォルニア州のサンディエゴ大学で大学の講師の方による講座に参加します。講座では自らが進んで発言することが主流で、その新鮮さに驚きながらも、日を追うごとに緊張や恥ずかしさよりも意見交換する楽しさが勝るようになりました。現代において、自分の意見を述べることは簡単なようで実は重要なことだと肌で感じました。未来を担う私たちが積極的に行動していかなければならないと学んだ有意義な体験となりました。

UCLのサマープログラムに参加して
在校生
高等科2年 S.O.

夏休みという期間を利用し、多様な価値観と文化にふれ、自身の英語力も試してみたいという思いからUCL(ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン)-Japan Youth Challenge-に参加を希望しました。新型コロナウイルスの影響で残念ながら今年はオンラインでの交流のみとなってしまいましたが、コロナ禍ならではの専門的な講義を受けたり、現地の状況を直接伺うことができたりと、とても有意義な一か月間を過ごすことができました。様々な取り組みに夢中になり、時間を忘れてしまうほど楽しんで交流することができました。なかでも少人数で行うディスカッションでは、コミュニケーションにおける積極的な自己の表現や、自ら話題提示をする重要性を学ぶと共に、海の向こうのメンバーとの絆も深まって新しい世界を身近に感じることができました。そして何より、自分自身の意見が相手に伝わり認識されるという喜びは、英語分野のみに留まらず、学習全般のモチベーションをぐっと上げてくれました。今回、コロナ禍という非常事態にありながらもこのように大きく成長するチャンスを与えてくださった先生方に、本当に感謝しています。

短期留学(10~12年生対象/各1~3名、3~4週間)

ホームステイをしながら海外の姉妹校の日常を経験し、同世代の生徒と共に学び、視野を広げます。

目的:海外の高校生の日常を経験し、同世代の生徒と共に学び、視野を広げる。

活動内容:姉妹校/現地校に通っての現地生徒と同じ生活 / ホームステイ

自分を表現する楽しさと大切さを実感
在校生
高等科2年 N.M.

日本と異なる文化の中で生活することに興味を持ち、カナダのトロントにあるBishop Strachan Schoolとの短期交換留学への参加を希望しました。この留学は、自分を表現する楽しさや大切さを学べたと共に、海の向こうの世界をより身近に感じることの出来た、とても濃い3週間となりました。BSSはキリスト教の女子校で、今回初めて交換留学の場が設けられました。この学校では様々な人種の方々が同じ場所で学ぶので、異文化に対し寛容なカナダの精神を感じました。日本の食べ物やアニメが好きだと言ってくださる方にもたくさん出会い、自国の素晴らしさを逆に発見したことも印象深かったです。また自分の存在が歓迎され、認められていることを肌身に感じ、自分の中の「海外」というものへのハードルがぐっと下がりました。世界に広がる聖心だからこそ、姉妹校にも、それ以外にも数多くの繋がりがあり、今回自分がそれを繋いだ一人になったということに誇りを感じています。

シアトルの姉妹校にオンライン留学
在校生
高等科2年 N.T.

夏休みの2週間、シアトルの姉妹校Forest Ridgeのオンライン英語集中プログラムに参加しました。授業はWriting 、Communication、Integrated skillsの3科目あり、川・海・湖などのシアトルの豊かな水資源を基本テーマとして、対話形式により双方向で進められました。生徒はレベル別に2つのクラスに分かれて授業を受けました。先生方がきめ細かくサポートしてくださったので、先生や他の生徒の話を十分に理解することができ、また、自分の言いたいことをしっかりと伝えることができたように思います。生徒一人一人にプレゼンテーションの機会があり、グループで討論する場面も多く、積極的に参加することで、英語を使うことや自分の考えを発表することについての恐怖心・抵抗感が減り、だんだんと、英語で発表することに楽しさを感じられるようになりました。専門家から気候変動についてのお話を聞くなど、語学学習にとどまらない幅広い学びの機会にもなったと思います。オンラインによる限られた期間のプログラムでしたが、日米それぞれの祝日や学校行事といった身近な話題について話し合うなど、アメリカの文化に触れることもでき、かけがえのない経験となりました。

姉妹校1年留学(1名/1年間)

11年生夏から1年間、ホームステイしながら現地の11年生の授業を受けます。帰国後は本校12年生に復学できます。

姉妹校 交換留学

英語で学ぶ生物

本学院は、アメリカ、アイルランド、オーストラリア、メキシコ、台湾など、世界に広がる姉妹校への短期留学をに行っていると同時に、これらの姉妹校から交換留学生も受け入れています。

スペイン語圏の姉妹校への交換留学
高等科3年 M.Y.

在学中に、聖心だからこそできる経験をしたいと考え、メキシコシティにある姉妹校 Sagrado Corazon との交換留学に応募しました。遠く離れたメキシコへ留学するにあたり、不安も大きくありましたが、日本とメキシコ、両方の先生方が同じ聖心スピリットの下、心遣い溢れる対応をして下さり、安心して留学生活を送ることができました。自由な校風のメキシコ聖心の授業は、スペイン語で進められていきますが、今まで聖心で固めてきた基礎的な知識と、英語と似た表現や現地で出来た友人の助けから授業内容を掴み取り、楽しんで授業を受けることができました。聖心は一つの家庭という言葉通り、メキシコという「未知」の国のなかで、親戚の家にいるような安心感を持って未知の経験を積めたのは、聖心のネットワークならではだと思います。卒業、進学を控え、徐々に慌ただしくなる学校生活のなかでも、常に新しい挑戦と可能性の機会を与えて下った先生に、本当に感謝しています。

海外体験学習(アジア圏)

カンボジア体験学習
タイ体験学習
フィリピン体験学習
カンボジア体験学習
カンボジアの人々、特に子どもたちや同世代との交流を深め、アジアの一員としての連帯感を深めることを目的としています。現地ではツール・スレン刑務所跡やキリングフィールドを見学し、内戦の痛手から復興するカンボジアを通して平和について考えると同時に、貧困の問題を抱える地域を訪ね、自分にできることを考えるきっかけとします。また世界遺産アンコール遺跡群見学などを通し、カンボジアの歴史と文化を学習します。
フィリピン体験学習
(小林聖心女子学院主催)
フィリピンの人々との交流を通して、現地の文化・社会・経済・宗教の実態を体験します。現地では学校の見学、貧しい地域の人々の交流、日本大使館やJICAの訪問、ホームステイ、教会活動などの体験を行います。
韓国体験学習
(不二聖心女子学院主催)
韓国の文化・社会・教育の様子を知り、姉妹校生徒との交流を図ります。現地ではソウル聖心女子学院の見学、ホームステイ、板門店・慶州・ソウルなどの歴史的・文化的な地域の見学を行い、アジアの中の日本を見つめ共に生きる土台をつくることを目指します。
タイ体験学習
(札幌聖心女子学院主催)
タイの歴史と文化を知り、現代の諸問題に目を向け、視野を広げる目的で実施しています。現地ではスラム地区の訪問、高校生との交流、ホームステイ、マングローブ植林、アユタヤ史跡見学などを行います。
台湾文化交流キャンプ
中国語、中国料理、民族舞踊、芸術書道、遠足などを、世界各国の聖心生と共に体験し学ぶことで、視野を広げ、相互理解を深めることを目的としています。ホームステイやディスカッションを通して、それぞれの文化を尊重し、国際社会の課題と向き合う姿勢を育てます。
 
このページのトップへ
このページのトップへ