中等科 帰国生入試について

帰国生入試

世界で学んだ帰国生たちが、ここで学びを深めています。

聖心女子学院は伝統的に帰国生の受け入れを行っています。学校生活を安心して送れるように、担任のみならず、学年、教科、委員会、部活動の担当者など多くの教員が連携してサポート。国内外の姉妹校ネットワークや多彩な海外体験学習など、グローバルな視野で社会を見つめる機会にも恵まれています。海外体験のある生徒が各学年に15%前後おり、体験を共有できる友達をみつけることも可能な環境です

説明会・公開行事

中等科 帰国生入学試験

5回のオリエンテーションについて

第1回目:12月24日
クリスマス・ミサ
本校の聖堂で行われるミサです。多くの在校生と卒業生が集います。
第2回目:2月中旬頃
生活オリエンテーション
本校で行われる宗教行事について、校内案内をしながら説明します。
第3回目:2月下旬頃
学習オリエンテーション
英語を中心に4月からの学習についてガイダンスを行います。
第4回目:3月下旬頃
部活動見学
春休み中に行われる部活動を見学します。文化部と運動部が活動しています。
第5回目:3月下旬頃
在校生との交流会
初等科6年生と編入生・転入生が一緒になります。学校生活の様子がよくわかります。

※いずれのオリエンテーションもお子様の帰国時期によって参加回数が異なります。
なお、3月上旬に新入生・転入・編入生の保護者会があります。(新型コロナウィルス感染拡大防止のためオンライン開催の可能性もあります。)

英語教育の特色

中学1年では一学級を二分割した少人数による英語教育を、週6時間(うちネイティブ教師による授業1時間)を実施しています。Progress in English 21(エデック社)を教科書として使用し、英語を道具として使えるように指導します。中学2年以降は習熟度別のグループ編成となり、高校2、3年では多彩な選択授業も設定され Listening, Speaking, Reading, Writing 技能をバランスよく学び、「使える英語」の習得を目指します。

帰国生インタビュー

日本と海外、それぞれの学びを活かしながら

帰国生インタビュー
高等科2年 H.N.
    聖心女子学院に初めて訪れたときの印象を教えてください。
  • 文化祭で展示場所やお勧めの公演などについて在校生に質問した時、対応が丁寧であったこと、特に言葉遣いが印象に残りました。
    どのように帰国生入試の勉強を進めましたか。
  • 小学校5年生の夏休みから帰国生のための塾に通い、国語と算数を勉強しました。聖心女子学院だけの対応ではなかったのですが、十分に役立ちました。
    受験勉強で苦労したことはありましたか。
  • 帰国後、まず公立の小学校に編入したのですが、毎日漢字テストがあったので学校で苦労した分、塾ではあまり苦労しませんでした。
    現地(オマーン)ではどのように日本語を維持しましたか。
  • オマーンには日本人学校があるのですが、補習校のような役割を担っていました。週4~5日、放課後に2時間、国語と算数を教わっていました。
    聖心に入学してどのように友達ができましたか。
  • まず、席が近くの友達に話しかけました。あとはクラスで面白い振る舞いをしている子には話しかけやすかったのを覚えています。部活動では帰り道が一緒の先輩と話すようになって、交友関係も上下に広がったように感じています。
    英語力はどのように維持しましたか。
  • 中等科の間は学校生活に慣れることで精一杯だったので、英語力を維持する、伸ばす、ということは意識しませんでした。しかし、高校生になって選択授業を通して以前の「英語脳」が戻ってきたように思います。今年度選択している授業には英語力の高い生徒が多いので、刺激を受けています。英語を維持する、というより、力が伸びているように感じています。
    帰国生へのメッセージをお願いします。
  • 新しい環境で不安でいっぱいだと思いますが、困った時には先生方も同級生も本当によく助けてくれます。「聖心は一つの家庭」という言葉が示すように、この学校では他人を思いやる、という姿勢を学ぶことができます。また、インターナショナルスクールでは積極的に自分の意見を述べることを学びました。日本と海外、それぞれの学びが、私に多くの示唆を与えてくれています。

帰国生のデータ

海外在留経験者(生徒全体の約15~20%)の滞在国

海外在留経験者マップ
  1. アイルランド
  2. アメリカ
  3. アラブ首長国連邦
  4. イギリス
  5. イラン
  6. インド
  7. インドネシア
  8. エジプト
  9. オーストラリア
  1. オマーン
  2. オランダ
  3. カナダ
  4. 韓国
  5. シンガポール
  6. スイス
  7. スウェーデン
  8. タイ
  9. 台湾
  1. 中国
  2. ドイツ
  3. ニューカレドニア
  4. ニュージーランド
  5. フランス
  6. ベトナム
  7. マレーシア
このページのトップへ
このページのトップへ